シミ予防ブログ

2021.03.23

お肌のくすみは体の中から改善

今までの人生、お肌について悩まなかったことがなかったぐらい、ずっと肌トラブルに悩まされてきました。

汗っかきのオイリー肌だったので、10代の頃はTゾーンへのニキビ、テカリ。20代前半は食生活の乱れによる吹き出物、メイクしたまま寝てしまったせいでアイメイクが色素沈着、つけまつげやアイプチを繰り返し使ったことによるたるみ…。

そして20代後半になり、今までの肌トラブルに加えて、なんだかお肌全体がくすんでいて、黒い!

色々試しました、美顔器、美容皮膚科でのピーリング、レーザー、デパコスの化粧水、洗顔、サプリメント…。どれも一過性のもので劇的な変化はありませんでした。


でも最近、なんだかお肌が元気になってきたなと感じるのです。

その原因について自分の生活を何となく振り返ってみたところ、毎朝のスムージーが効果を表しているのではないかと気付きました。

なんとなく貧血気味だなと思って、適当なスーパーで買ってきたほうれん草とバナナ、たまにトマトを入れてミキサーでガーッと。

毎朝400mlぐらいでしょうか。続けて1ヶ月ほどになりますが、お通じがよくなって肌にハリが出てきたような気がするのです。

おそらくバナナによってお通じがよくなり、ほうれん草によって貧血が改善、トマトのリコピンで抗酸化作用が働いてお肌にハリが出てきたのではないかと思います。

たったこれだけのことでお肌が綺麗になるなら、もっと早く始めたらよかった…。あ、でもアスハダだけは続けていますが。

すぐに効果を求めるのはやめて、体の中から地道にお肌を綺麗にしていこう、と思った平日の朝でした。

2021.03.19

シミができる原因は何?シミを予防する方法とは

歳を重ねるごとに目立ち、いつの間にかできるシミ。



シミができる原因は「生活習慣の乱れ」「ストレス」「誤った肌のお手入れ」など様々あります。



その中でも一番シミができる原因は「紫外線」です。



紫外線を浴びるとチロシーナゼという酵素が活発になり、メラニン色素が生成されます。



人間の皮膚細胞は約4週間の周期でターンオーバーを繰り返し、新しい細胞に変わります。



その際に、古い細胞と紫外線によるメラニン色素が一緒に剥がれ落ちるのが通常のサイクルです。



しかし長期間紫外線を浴びると、過度にメラニン色素が生成され、ターンオーバーが乱れます。



すると通常通りに剥がれ落ちるはずだったメラニンがそのまま残り、それがシミとなるのです。



ですので、紫外線をできるだけ浴びないことがシミの予防策となります。



陽が当たる時間に外出する時は、日傘や帽子、サングラスやアームカバーで紫外線対策をしましょう。



日焼け止めやUVケア効果のある化粧品を使うこともおススメです。



汗で流れてしまう場合があるので、小まめに塗るように持ち歩くことを心がけましょう。



家にいる時も陽が当たる場所ではしっかり対策し、洗濯物を干す際も注意する必要があります。



日頃から無理のない程度で紫外線ケアを心がけましょう。

カテゴリーリスト

ブログ内検索

Copyright (C) simiyobou.cloud-line.com All Rights Reserved.